2014-06-09 [長年日記]

swiftを触ってみようかと思ったけどやめた話

プロジェクトルームの本棚に7つの言語 7つの世界があったのでお借りして読んでいる。

いままでの言語遍歴といえば、大学時代にいろんな言語、特にPascalとLispを勉強していて、社会人になってからJavaをもう20年近くやってきて、Pythonを5年くらいやって、JavaScriptとかJQueryとかを触りつつ、またJava⑧に戻ってきているところ。

いろんな種類の言語を触ってみることで Beating the averages でいうところの「「ほげ言語」のパラドックス」ってやつを実感しているわけで、「7つの言語 7つの世界」を読んで、オレの「ほげ言語」をさらに一歩進めたいと思っている。紹介されている言語、Ruby、Io、Prolog、Scala、Erlang、Closure、Haskell はまだどれも触ったことがない。いい機会なので、頑張って触ってみてる。

そんな折に Apple が Swift とかいう言語を提供してきた。いい機会だ、ついでにやってみよう……と思ったのだが、仕様書がiBookでしか提供されていないようで、ここでもう面倒くさくなってしまった。仕様書を自由に読めないなんて、もうそれだけでやる気がそがれる。Swiftといえば金融業界ではこっちのSWIFTなわけで、並列処理用言語もすでにあったわけで、同じ名前をぶつけてきたことも気に食わない。そんなわけで、ちょっと距離を置くことにした。

ところで、がんばってObjective-Cを覚えた技術者は新しい言語について、どう思うんだろうねぇ。


«前の日記(2014-01-27) 最新